YouTubeコンテンツ利用法

YouTubeコンテンツは、基本的に無料でだれでも閲覧やアップロードが出来ますが、インターネット環境にある事を前提としています。現在はGoogle+との連携によって、アダルト映像などの氾濫が、社会的な問題になっているという事もあり、年齢制限がかかっている動画は、若者に見られないような工夫もなされています。

また、Google+アカウントを取得している場合には、YouTubeコンテンツに動画の投稿やプレイリストの作成が行えるほか、動画への評価やコメントやおすすめ動画の表示も可能になっており、クローズド・キャプション用のファイルの追加なども、作成可能になっています。YouTubeは2005年に始まって以来、ユーザーたちにとって、無くてはならないものになってきました。2011年4月には、ライブストリーミング機能が開始され、様々なミュージシャンによるライブ演奏なども、配信されるようになって来たのです。

また、街角で起こった犯罪などもアップロードされ、YouTubeにアップする事で、構造計算書偽造問題を告発するという手法まで、行われるようになってきました。映像による決定的な証拠で、警官による犯罪を告発したり、社会現象まで巻き起こる事態になっています。

YouTubeコンテンツの著作権法

YouTubeコンテンツIDを利用した著作権の保護は、コンテンツの管理を行う事で、解決する場合がほとんどです。自分で作成したオリジナル作品などをアップロードしている場合、この無断使用を削除するようリクエストするには、著作権侵害の申し立てをYouTubeに通知する方法を、取らなければなりません。この場合、著作権者本人か正式な代理人が送信する必要があり、通知を送信する前にはフェアユースやフェア ディーリング、もしくは同じ形式の例外措置で、保護されているかを確認する必要があるのです。

著作権侵害の申し立ては、専用にフォームで行う事で、簡単に送信する事ができますが、虚偽の送信などを行った場合には、アカウント停止などの措置が取られるほか、法的な手段を行う場合もありますので、ご注意ください。また、無許可諾利用された動画を閲覧停止にするのか、収益化するのか、もしくは追跡するのかという3種類のルールを適用できるYoutubeの仕組み(コンテンツID)がありますが、そうした運用を支援しているサービスもあるので、申し立ての際には検討してみると良いかもしれません。

TOPIC-YouTubeコンテンツID運用支援 – クロスワープ

中には、自分のオリジナルでアップロードを行っているにもかかわらず、著作権侵害と誤認される場合も少なからず起こりえます。こうした場合には、YouTubeから削除されてしまった動画を、復元するように申請する事も可能なのです。また、著作権侵害の申し立てを間違って行ってしまった場合、間違いに気づいた時点で撤回する事もできます。

YouTubeコンテンツIDとは

YouTubeとは、アメリカのサンブルーノの動画共有サービスの事を言い、YouTubeコンテンツIDを取得する事で、この動画共有サービスの利用を行う事ができます。更にコンテンツとは、文字や音声に映像といったものを使って、表現される創作物全体の事を示しており、配信側とこれを見る側の双方での楽しみ方を、共有できるというものなのです。YouTube設立のきっかけとなったものは、ビデオで撮影したものを配るというやり方でした。現在でも結婚式などで撮影されたものが、後日親しい参加者に送られるという事も良くある話です。

また、孫の運動会などに行けない祖父や祖母に対して、ビデオ撮影されたものやビデオメッセージとして、送られる事も良くある話でした。YouTubeではこうしたものを、みんなで気軽に共有してみる事は出来ないかと思い、考え付いた方法だったのです。YouTubeが周囲に認知され始めると、インターネットで世界中に広まりを見せる事になりました。

現在では、通常の記念ビデオ形式の動画がアップされているほか、音楽関連メーカーも次々と参戦しており、アーティストのクリップビデオや、レビュー音楽などを配信する事で、フアン層の獲得も立派な戦略として行われているのです。現在はスターにのし上がる為のひとつの策としての利用も行われており、ほとんど無名であったお笑い芸人が、YouTubeによって日本国内より先駆けて、世界中で有名になった事もあるのです。