YouTubeコンテンツIDを利用した著作権の保護は、コンテンツの管理を行う事で、解決する場合がほとんどです。自分で作成したオリジナル作品などをアップロードしている場合、この無断使用を削除するようリクエストするには、著作権侵害の申し立てをYouTubeに通知する方法を、取らなければなりません。この場合、著作権者本人か正式な代理人が送信する必要があり、通知を送信する前にはフェアユースやフェア ディーリング、もしくは同じ形式の例外措置で、保護されているかを確認する必要があるのです。

著作権侵害の申し立ては、専用にフォームで行う事で、簡単に送信する事ができますが、虚偽の送信などを行った場合には、アカウント停止などの措置が取られるほか、法的な手段を行う場合もありますので、ご注意ください。また、無許可諾利用された動画を閲覧停止にするのか、収益化するのか、もしくは追跡するのかという3種類のルールを適用できるYoutubeの仕組み(コンテンツID)がありますが、そうした運用を支援しているサービスもあるので、申し立ての際には検討してみると良いかもしれません。

TOPIC-YouTubeコンテンツID運用支援 – クロスワープ

中には、自分のオリジナルでアップロードを行っているにもかかわらず、著作権侵害と誤認される場合も少なからず起こりえます。こうした場合には、YouTubeから削除されてしまった動画を、復元するように申請する事も可能なのです。また、著作権侵害の申し立てを間違って行ってしまった場合、間違いに気づいた時点で撤回する事もできます。

Published by 管理人